大阪市教員採用試験の合格ラインは何割?合格最低点や配点を徹底解説

大阪市教員採用試験の合格ライン

本記事は、大阪市・・・教員採用試験を受験する方向けの記事です。

  • 配点はどれくらいなの?
  • 合格ラインは?
  • 合格最低点は何割くらい?

このような悩みを解決します!

結論からいうと、大阪市教員採用試験の合格ラインは高くありません

校種や教科によって少し差はありますが、だいたい5割~6割くらいなんですよね。

とはいえ、「何割くらい取れれば合格できるのか点数が知りたい!」と思っている人は多いはず。

そこで本記事は、大阪市教員採用試験の合格ラインについて実際のデータに基づいた話をしていきます。

配点なども解説しているので参考にしてください。

この記事のコンテンツ

大阪市教員採用試験の配点

本試験までに使える時間は限られているので、配点を知らないまま対策することはNGです。

配点を知っておけば、どの試験を攻略すれば合格に近づけるのかわかるので、必ず確認してください。

大阪市教員採用試験の配点は以下のとおり。

一次試験の配点

試験種目配点
教職教養450点
(教職150点、思考力判断力300点)
個人面接450点

二次試験の配点

校種・教科教科専門実技面接
幼稚園240点180点450点
小学校240点180点450点
中学校・英語200点200点420点
中学校・音楽200点200点420点
中学校・美術200点200点420点
中学校・保体200点200点420点
それ以外400点420点

基準点(足切り)に注意!

配点を見て思うことはあるでしょうが、一つだけ注意があります。

それは、基準点(=足切り)があること。

どれだけ総合点が合格ラインを超えていても、いずれかの試験種目が基準点を下回っていると不合格になります。

試験ごとの基準点は以下のとおり。

試験種目基準点
教職教養平均点・・・の6割
個人面接
(一次試験)
135点
専門教科平均点・・・の5割~7割
個人面接
(二次試験)
210点~225点
実技試験平均点・・・の6割

大阪市教員採用試験の内容については、以下の記事で詳しく解説しています。

大阪市教員採用試験の合格ライン|一次試験の合格最低点を紹介

ここでは、大阪市教員採用試験の合格ライン(合格最低点)をまとめています。

一次試験の合格者は「教職教養(450点)」+「個人面接(450点)」で決定。

令和3年度(2020年実施)

幼稚園教諭665 / 900点
幼・小共通663 / 900点
小学校教諭608 / 900点
中学校・国語540 / 900点
中学校・社会660 / 900点
中学校・数学545 / 900点
中学校・理科575 / 900点
中学校・音楽600 / 900点
中学校・美術430 / 900点
中学校・保体728 / 900点
中学校・技術480 / 900点
中学校・家庭540 / 900点
中学校・英語635 / 900点
養教・幼稚園720 / 900点
養教・小中693 / 900点
栄養教諭673 / 900点

令和4年度(2021年実施)

幼稚園教諭720 / 900点
幼・小共通720 / 900点
小学校教諭640 / 900点
中学校・国語652.5 / 900点
中学校・社会660 / 900点
中学校・数学582.5 / 900点
中学校・理科465 / 900点
中学校・音楽690 / 900点
中学校・美術385 / 900点
中学校・保体695 / 900点
中学校・技術350 / 900点
中学校・家庭345 / 900点
中学校・英語692.5 / 900点
養教・幼稚園750 / 900点
養教・小中780 / 900点
栄養教諭780 / 900点

令和5年度(2022年実施)

幼稚園教諭630 / 900点
幼・小共通630 / 900点
小学校教諭622.5 / 900点
中学校・国語360 / 900点
中学校・社会600 / 900点
中学校・数学650 / 900点
中学校・理科400 / 900点
中学校・音楽580 / 900点
中学校・美術410 / 900点
中学校・保体687.5 / 900点
中学校・技術440 / 900点
中学校・家庭415 / 900点
中学校・英語605 / 900点
養教・幼稚園720 / 900点
養教・小中780 / 900点
栄養教諭710 / 900点

まずは対策に時間のかかる教職教養から対策を始めましょう!

以下の記事で傾向や対策方法を解説しています。

大阪市教員採用試験の合格ライン|二次試験の合格最低点を紹介

ここでは、大阪市教員採用試験の二次試験の合格ライン(合格最低点)をまとめています。

【最終合格の条件】
①教科専門、面接、実技の各試験で合格基準点を超えている
②教科専門+実技試験の合計点により決定

【補足】
①の条件を満たした上で、幼稚園、幼稚園・小学校共通、小学校、養護教諭、栄養教諭については、合格者数の概ね2割を目途に、面接試験の得点により決定します。

令和3年度(2020年実施)

幼稚園教諭297 / 420点
幼・小共通288 / 420点
小学校教諭176 / 420点
中学校・国語210 / 400点
中学校・社会163 / 400点
中学校・数学160 / 400点
中学校・理科162 / 400点
中学校・音楽181 / 420点
中学校・美術159 / 420点
中学校・保体234 / 420点
中学校・技術221 / 400点
中学校・家庭113 / 400点
中学校・英語179.5 / 420点
養教・幼稚園215 / 400点
養教・小中231 / 400点
栄養教諭275 / 400点

令和4年度(2021年実施)

幼稚園教諭– / 420点
幼・小共通337 / 420点
小学校教諭144 / 420点
中学校・国語175 / 400点
中学校・社会181 / 400点
中学校・数学150 / 400点
中学校・理科133 / 400点
中学校・音楽265 / 420点
中学校・美術173 / 420点
中学校・保体239 / 420点
中学校・技術240 / 400点
中学校・家庭147 / 400点
中学校・英語156 / 420点
養教・幼稚園212 / 400点
養教・小中202 / 400点
栄養教諭248 / 400点

令和5年度(2022年実施)

幼稚園教諭297 / 420点
幼・小共通296 / 420点
小学校教諭153 / 420点
中学校・国語115 / 400点
中学校・社会168 / 400点
中学校・数学160 / 400点
中学校・理科147 / 400点
中学校・音楽208 / 420点
中学校・美術160 / 420点
中学校・保体202 / 420点
中学校・技術176 / 400点
中学校・家庭134 / 400点
中学校・英語184.5 / 420点
養教・幼稚園206 / 400点
養教・小中217 / 400点
栄養教諭256 / 400点

最終合格者は二次試験の結果のみで判定します。(一次試験の結果は反映されない)。

個人面接の傾向を以下の記事で解説しています。参考にしてください。

大阪市教員採用試験の合格ライン

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ふくながのアバター ふくなが 編集長

教員採用試験の指導歴13年目(2022年4月1日時点)、情報メディア「教採ギルド」のほか「教採データベース」「教採ガイド」の運営・編集を担当しています。データ分析や情報配信が得意な人。

この記事のコンテンツ