静岡県教員採用試験の個人面接とは?過去の質問や評価基準、傾向を完全解説

静岡県教員採用試験の個人面接対策

本記事は、静岡県・・・教員採用試験を受験する方向けの記事です。

  • 個人面接はどんな傾向なの?
  • 個人面接に受かる人(落ちる)の特徴は?
  • 個人面接で何が質問されるの?

このような悩みを解決します!

どんなに頑張って筆記試験で高得点を取っても、個人面接で一定の評価をとらないことには合格できません。

とはいえ、面接対策をしようと思うものの、「結局、何から始めればいいのかわからない」と思っている人も多いことでしょう。実際に僕も面接対策には頭を抱えましたからね……。

そこで本記事では、個人面接の傾向や過去の質問、面接で受かる人の特徴まで解説しています。

本記事を参考にして、面接で落ちないように準備をはじめましょう。

この記事のコンテンツ

静岡県教員採用試験の個人面接はどんな傾向なの?

個人面接では1人の受験者に対して、集中してチェックできるため、面接官は様々な観点から評価することができます。

グループ面接とは違い、受験者は自分一人だけなので緊張しやすい形式ですが、他の受験者がいないことから集中でき、自分をアピールしやすいという利点があります。

ここでは、個人面接の傾向を紹介します。

一次・二次試験にそれぞれ実施

多くの自治体は二次試験で個人面接を行いますが、静岡県は一次試験から個人面接を実施しています。

より人物面を評価するという方針なので、きちんと面接対策をすることが大事です。

面接の試験時間

一次試験10分
二次試験25分~30分
令和5年度の場合

一般的な面接時間の平均は15分なので、二次試験は少し長い傾向にあります。

早く終わったら落ちる?

面接時間が短かった場合でも、不合格だと決めつける必要はありません。

短すぎるから不合格とは限らず、採用側の事情で短い時間しかとれないときや、すでに結果が見えているときは、短い時間でも合格の場合があります。

限られた時間であってもしっかりと自己アピールができていれば、採用されることも十分考えられるので安心して臨みましょう。

ふくなが

逆に長くて落ちることもあるからね・・・。面接時間はあまり気にしなくてOK!

静岡県教員採用試験の個人面接は何が評価されるの?

下記の着眼点に基づいて、面接官それぞれが5~1の5段階で評価します。

一次試験の評価基準

項目着眼点
積極性・志望動機が明確で高い志を持っているか
・自ら進んで行動し、現状の改善に取り組む姿勢があるか
・集団をまとめ、動かすことのできる発言力、行動力があるか
・教育公務員として子供や保護者、社会に尽くす姿勢があるか
思考力
判断力
・質問の趣旨を正しく理解し、的確に答えることができるか
・物事を深く考え、本質を捉えることができるか
・自ら進んで問題点を洗い出し、現状を踏まえた発想ができるか
・適切な判断をくだすことができるか
協調性
社会性
・集団の中で調和の取れた言動や気配りができるか
・相手を思いやり、受難な態度で人と接することができるか
・異なる立場、考えを認め、協力して行動できるか
・自分の個性をよく理解し、集団内で活かすことができるか
表現力・簡潔にわかりやすく話すことができるか
・論旨が首尾一貫しているか
・用語、音声が適切・明確で、語彙が豊富であるか
・会話の中に相手を尊重する姿勢や態度が見られるか
態度・明朗で、表情や動作がはつらつとしているか
・受け答えに誠実さや教育的愛情が感じられるか
・精神的な強さやしなやかさがあるか
・礼儀正しく、身だしなみに適度な注意が払われているか
出典元:静岡県教委資料「4 面接の視点」より作成

二次試験の評価基準

項目着眼点
積極性
専門性
向上心
・志望動機が明確で高い志を持っているか
・教科等の専門性を有し、常に向上しようとしている
・子供に教育的愛情を持って接しようとする姿勢がある
協調性
社会性
・相手を思いやり、受難な態度で人と接することができるか
・自分の個性をよく理解し、集団内で活かすことができるか
倫理観
使命感
・教育に対する高い志を持っている
・教育公務員として、子供や保護者、社会に対して尽くす姿勢がある
会話力・自分の考えを持ち、自分の言葉で話すことができる
・会話の中に、相手を尊重する姿勢や態度が見られる
思考力
判断力
・質問の趣旨を正しく理解し、的確に答えることができるか
・自ら進んで問題点を洗い出し、現状を踏まえた発想ができるか
出典元:静岡県教委資料「4 面接の視点」より作成

面接官それぞれの評価を合計した点数が総合評定となります。

なお、総合評定がD、E評価の場合は不合格です。

静岡県教員採用試験の個人面接はどんな質問が聞かれるの?

受験者が面接試験で最も気になるのは「面接で何を質問されるのか」ではないでしょうか。

何を聞かれるのかがあらかじめわかっていれば、事前に備えることができます。一方で、何を聞かれるのかが不明瞭では、準備のしようがありませんからね。

ここでは、過去の面接試験で具体的に聞かれた質問をまとめています。自分なりの回答を練って対策をはじめましょう!

その辺に落ちているような出典(出どころ)が不明なものではなく、僕自身のツイッター、サイトで募集し提供してもらったリアルな情報を集約しています!

一次試験で聞かれた質問

  • 昨日はよく眠れましたか。
  • 緊張していますか。
  • 会場までどうやって来ましたか。
  • 教員になりたい志望動機は何ですか。
  • 自己啓発していることはありますか。
  • リーダーシップをとった経験はありますか。
  • 課題を見つけて、改善した経験を教えてください。
  • 失敗から学んだことはありますか。
  • クラスでいじめが発覚したら、どのように対応しますか。
  • 苦手な人はいますか。
  • 人と接する中で大切にしていることはありますか。
  • 集団で活動するときに、気を付けていることはありますか。
  • あなたのどこが教員に向いていると思いますか。
  • 教員の不祥事についてどう思いますか。
  • あなたの苦手なタイプの人が保護者にいたらどうしますか。

二次試験で聞かれた質問

  • 志望する教科の魅力は何ですか。
  • 理想とする授業を教えてください。
  • 授業を通してどんな子どもを育てたいですか。
  • 組織の中で行動するうえで1番大切にしていることは何ですか。
  • 辛いときはどんな方法で解決していますか。
  • 意見の合わない教員がいたらどうしますか。
  • SNSの危険性をどう捉えていますか。
  • 今回の新型ウイルスを乗り越えていく中で、今後の教育はどうすべきだと思いますか。
  • 最近の子どもたちに足りないことは何だと思いますか。

自分自身のことから、教育課題・時事に関することまで幅広く質問されていますね。

注意しておきたいのは、教員採用試験の面接はコンピテンシー評価型であること。あなたが回答した内容を深掘りしていくことで行動特性を把握していくのです。

自分がこう回答したら、ここが突っ込まれるな!」と想定しながら内容を考えていくことが何よりも重要。

この他にも、過去に聞かれた質問や回答例などを以下のnoteで集約しているので、ぜひ参考にしてください。

静岡県教員採用試験の個人面接で受かる人の特徴

結論からいうと、面接で受かる人は以下に当てはまる人です。

  • 印象がいい(笑顔、元気、熱い)
  • 将来性や伸びしろがある
  • 教員としての適性が感じられる

面接となれば、「自慢できるエピソードがないとダメだ」とか「全国大会で優勝できるくらいの実績が必要」みたいな内容にこだわりがちですが、話の内容よりも印象(雰囲気)が重要なんですよね。

もしあなたが面接官だとして、言っていることは素晴らしいのに、目線を合わせずボソボソ話したり、覚えた回答を棒読みしたりする受験者がいたらどう感じますか?採用したいと思います?

僕なら、その受験者が筆記試験で満点でも、留学経験や難関資格をたくさん持っていても、そんな人を採用したいとは思いません。

それよりも、誇れるような経験はしていないけど、一生懸命に嚙みながらも大きな声で明るく、自分の言葉で話している人を採用したいですよね。

なので、面接で受かりたいなら話す内容ばかりに時間をかけるのではなく、どういう振る舞い、話し方をすれば受け入れてもらえるのかにも時間を使ってください

当然、そういった部分は1人では判断できません。必ず第三者に協力してもらうことが面接で受かるポイントと言えるでしょう。

まとめ|個人面接で落ちないために必要なこと

本記事は静岡県教員採用試験の個人面接における傾向や過去問をまとめていました。

個人面接は筆記試験に比べて不透明な部分が多く、努力が直結しない試験です。そのため、対策方法がわからずに後回しにしてしまい、結果として不合格になる人が後を絶ちません。

まずは、面接の軸となる「自己分析(自己PR・志望動機)」をきちんと行いましょう。そのうえで過去質問をもとに自分オリジナルの回答を練っていく。

そして第三者にきちんと伝わるかどうか、話し方はおかしくないか、表情や態度は大丈夫かなどを確認しながら練習していけば、面接試験は考えているより簡単に行えますよ。

面接対策は筆記試験よりもやることが多く、かなり時間が必要です。できるだけ早めに手をつけて攻略していきましょう!

静岡県教員採用試験の個人面接対策

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ふくながのアバター ふくなが 編集長

教員採用試験の指導歴13年目(2022年4月1日時点)、情報メディア「教採ギルド」のほか「教採データベース」「教採ガイド」の運営・編集を担当しています。データ分析や情報配信が得意な人。

この記事のコンテンツ